ra*ka

勢いの無さに定評のある似非文芸ブログ。

最近のいろいろ

Posted 高宮かやの / 2010.02.24 Wednesday / 23:50

ええっと…気づいたら2月も終わりかけてますが、今年もよろしくお願いいたします(遅)。

何をしてたかといいますと、二次創作イベントに出ることになりまして、本をもそもそと拵えておりました。3月14日の第七回博麗神社例大祭です。二次創作が久々なこともあって、楽しさ半分不安半分ではありますが…。その影響なのか何なのか、変なモチベーションの上昇がくっついてきたり。

ということで『青茶会談(http://bluetea.hhlc.jp/)』という二次創作サークル名義で出ます! メンバーは変わりません!

そいでもってモチベーションが上がってきたのもあり、こっちの本が一段落したら『ひのさか3』をはじめようと思います。予定では3月あたまから。


■書体のはなし
IPAフォントの字体って、どうやらデフォで正字になってるっぽいんですが、例えば「頬」はそのままだったり(InDesignの異体字パレットにもひっかからない)でどうなんだろ? と思ったところ、ヒラギノなり何なりのPro書体で字体を変換してからIPAに戻す、ということを試してみたところちゃんと反映されるという。字体自体は存在する…ってことですよねえ。いまいち分からないので仕様を確認したところ、JIS X 0213:2004に準拠した形だそうです。異体字パレットについてはもうちょっと調べないと、かも。

[2/25追記]「FAQ 8.2.2 IVS対応について」にありました。異体字の収納はまだ行っていないそうです。見逃してた…。ただIVS自体には対応してるとのことなので今後に期待。

このIPAフォント、フリーフォントとはいえベースがTB明朝・ゴシックということもあり、漢字も非常に綺麗なデザイン。どちらかといえば好き嫌いが分かれそうなのはかな文字のほうかも、と思ったりしますが。個人的にはほのぼのだったりポップな内容のおはなしであれば、IPA明朝はうまくマッチするよい書体だと思います。また、商用利用が可能(IPAフォントライセンスv1.0参照)というところも大きいかな、と。

あれっ話が飛んだ。

そういう流れもあって、今回は同人誌としての実験で本文書体(漢字)にIPA明朝を使ってみました。かな・カナ、欧文、約物については別書体を組み合わせて合成フォントとしています。これで他書体との微妙なウエイト差がどのくらい出るか、また印刷自体がどうなるかなど結構楽しみだったり。
PAGE TOP